スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

更新が滞っていたこのサイトですが、更新を復活させようと思います。
ブログをはじめた頃とはかなり状況に変化がありましたね。
もはや、インターネットで映画を見ることなんて当たり前になってきたようにも思えます。
もう一度、情報を整理して皆様にお届けしようと思います。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テスト

テスト投稿です

太宰治の映画次々に公開

昨日、6月13日は太宰治の命日らしく、なおかつ生誕100周年に当たるようで、太宰治原作の映画が色々と出るようです。「ヴィヨンの妻」「斜陽」「パンドラの匣(はこ)」「人間失格」などなど。

ヴィヨンの妻は、浅野忠信と松たか子の共演とのことで、秋頃の公開。

人間失格は、ジャニーズの生田斗真君主演で、来年公開とのこと。

文学作品の映画化は大歓迎ですが、太宰の文学性に対抗しうる演出と脚本と演技を期待します。

村上春樹作品もそうだけど、原作に屹立する芸術性や意識を持って撮らないと逆にファンは見なくなる作家だと思うので。

ヴィヨンの妻って読んだことあるかな、、、?

今度、買ってみよ。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

復活します

ずいぶんと長い間、放置してしまいましたが、また復活しようと思います。

この2年間で、インターネットを巡る映画や動画の世界もずいぶん色々と変化がありました。

このサイトに掲載されている情報も古くなってしまっているものもありますので、

もう一度、お役立ち情報をそろえたいと思います。

最近はもっぱらアメリカ映画ばかりの管理者ですが、、、、

宜しくお願いします。

『めがね』の感想

『めがね』見ました。

かもめ食堂でファンになった監督だったので、見に行きましたが、よかったです。
『かもめ食堂』も『めがね』もコンセプトは簡単な言葉でいえば、幸せってなんだろうということだと、
思います。

色んな幸せな価値観がありますよ、と。
他人が幸せだと思っても幸せでないかもしれない。
日常の生活の中に幸せがあるのかもしれない。
幸せを求めようとすること自体が幸せじゃないのかもしれない。

今風な言葉でいえば、スローライフということになるのでしょうが、スローライフを絶賛しているのとは、
少し違うスタンスがいいです。

つまり、こういうテーマは安易に現代社会を批判的に描きすぎて、宗教的な安楽に幸せを感じてしまうという方向に行きがちなのですが、かもめ食堂もめがねもそういった危うさからも回避しようとします。

監督が見ているのは、変わらない日常の中に潜むミニマムな喜びというか、多くを求めない気持ちよさというか、とにかく好感のもてる映画でした。

めがね

ところで、小林聡美やもたいまさこの良さはやっぱり猫が好きの時から磐石なのですが、市川実日子は後継者として仲間入りしたのでしょうか。絶妙女優さんとして、大好きだった市川実日子が加わりますます味のある映画になった『めがね』

ああ、いいなあ。

名ゼリフのご紹介。



ここにいる才能ありますよ。

いくら真面目にやっても休憩は必要です。

おはようございます。朝です。

何が自由か、知っている。

これ、かき氷のお礼です。

何か欲しいものがあるのですか。

テーマ : めがね
ジャンル : 映画

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


カテゴリー
最新ニュース

好評エントリー

おかげさまで好評!
無料で映画を見る方法

自分のホームページにリンクを張るだけで3000円もらえます。↓↓
アクセスアップのリンクスタッフ

ブックマーク(一般)
ブックマーク(個人)
フリーエリア

RSSフィード
フリーエリア


相互リンクページ
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

相互リンク blogoole pingサーバ
相互リンク 相互リンクでSEO!
相互リンク集
相互リンクナビ!アクセスアップ支援WEBの星★YELLOW-NAVI Access.com Ranking

SEO対策
ホームページ制作ホームページ製作・WEB制作
冗談サイト
アイドル百科
AV女優大全
Googleで検索

Google

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

フリーエリア

CinemaNow
映画・動画ダウンロード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。